作業療法学科

豊かな人間性と専門性をもち、
よりよい生活を創造できる
作業療法士の育成を目指します。

現役の作業療法士としての現場感覚を持つ本校の教員が、現代社会のニーズに合った実践的な教育を提供しています。丁寧な指導で学生一人一人の学びをサポートし、患者さんの心に寄り添い、治療を通して力になれる人材の育成に力を入れています。

作業療法学科の学科目標

自ら楽しみ、夢と目標を持ち続ける作業療法士
人間性と個性、専門性を磨き続ける作業療法士

豊かな人間性と専門性をもち、よりよい生活を創造できる作業療法士の育成を目指します。

創造性と可能性を広げる多種多様な講義形態で、人間性と個性、専門性を養う学習。
作業療法の基本的な知識と技能を修得し、自ら学ぶ力を身につけます。
時代のニーズに対応できる「最新最良の環境」で、学外実習の積極的導入・臨床との連携を大切にしたシステムを取り入れた「臨床に近い教育」。
本校の作業療法学科の授業は、現役作業療法士が臨床現場で必要かつ重要と考えたカリキュラムを中心に個人を大切にし、良い面を更に伸ばす教育を目指します。

作業療法士に向いているのはこんな人!

  • 人の役に立ちたいと思う人
  • サポータータイプの人
  • 身体にプラスして、心のケアもしたい人

本校に入学した学生たちのなかには、ご家族の入院や在宅介護をきっかけに作業療法士を目指す人も多いです!

作業療法士の魅力

学科長に聞きました!

作業療法士の活躍の場は

患者さんが食事や家事などの日常動作をスムーズに行えるようにリハビリを施す作業療法士は、一般病院やメンタルクリニック、リハビリテーションセンター、介護老人保健施設など幅広い医療現場で活躍しています。

リハビリ治療・訓練では日常動作の訓練や運動、手芸、工作などの様々な活動を通して、自宅や施設に戻った患者さんが日々の生活を送れるようにサポートしています。

作業療法士は患者さんの身体の動作の回復に加え、精神面のケアも担っています。患者さんが不安に感じていることをくみ取り、前向きな気持ちになれるように支えるのも作業療法士の重要な役割です。

医療現場の現状に対応した教育カリキュラム

本校は日本有数の総合医療福祉グループの一員であるメリットを活かし、医療現場の最新の状況に対応した教育カリキュラムを実施しています。

本校の教員は定期的にグループ内の病院施設で勤務しており、現役の作業療法士としての現場感覚を常に持ったまま、日々の学生指導に当たっています。

また、高齢化や新型コロナウイルス感染症の流行といった社会状況の変化に合わせた臨機応変な指導を行っており、学生が医療現場で必要とされる実践力を身に付けられる教育環境を整えています。

愛され必要とされる作業療法士を一緒に目指しましょう!

作業療法は、人と関わり、人の生活に密着し、自分自身が治療媒体となる職業です。その上で心身に不自由を持つ方の生活がよりよいものとなるように支援・サポートをさせていただきます。

「出来てよかった」「楽しい」「楽になった」など、小さな変化や喜びを対象者の方と一緒に見つけていくことができる素敵な仕事だと思います。その為に自らが楽しんで夢を持ち続けること、常に「作業療法士として何ができるのか?」の疑問を持って最良の治療を提供できるよう努める事が大事だと考えています。

「患者様」「ご家族」「一緒に働くスタッフ」から愛され必要とされる作業療法士を目指して、一緒に学んでいきましょう。

学科⻑ 神山 真美